絨毯の断捨離に成功

ずっと和室に放置していた不使用の絨毯とお別れ


過去記事にて記したノルマリストの1つが完了です。


siba5.hatenablog.com


かれこれ丸めたまま1年は床に放置していたと思われる絨毯。


なぜ、捨てることができなかったのか。


そして、なぜ捨てることができたのか。


f:id:siba5:20180720060118j:plain


この絨毯が家にきた経緯は、相方の引越しに伴って


当時は和室に相方のデスクを置くことになったのですが


畳の上に何かしら敷いて置くべきとのことでした。




それから、模様替えをしてデスクの置き場所も変わったことで


絨毯も敷く必要がなくなりました。



とりあえず、今すぐに処分することができないため


くるくると丸めて床に放置していました。


そのうち役所に電話をして粗大ゴミ予約申込をしよう。


そう思っているうちに、1年が過ぎていました。




この、「とりあえず」というのが非常に厄介なのだと実感。


今すぐでなくてもいい。いつでもいい。いつまでというものもない。


都合よく考えてしまうのも非常にまずい。



確かに、今すぐしなくても誰も悲しまないし、迷惑もかからない。


だからこそ「自分の時間のある時」にでもやればいいと、ズルズル先延ばしにする。


「何かをするべく行動を起こす時間」は自分で作らなければいけないのに。



ブログで期限を宣言してみた


恐らくこれこそが今回の要だと思っています。




仕事においてもそうですが、いつから事業を開始するのか。


日時を決めてしまえば、その期間までに必要な準備をせざるを得ない。


プライベートだとこれがなかなか通用しない場合も多く、


自分の都合で予定を変えても怒られることはない。


誰にも言っていないので予定が変え放題。


「自分に甘い」状態が続いてしまいます。



そこで自分以外の第三者の目に触れるであろうブログにて宣言をしてみました。


前回のブログを書いた直後に行動開始


実は、前回のブログを書いた日に粗大ゴミの回収予約を申し込んだのです。


割とすごい効果なのでは・・・。


宣言したからには、その経過、結果、そして報告をしなければならない。


つまり自分の中だけに留めて無かったことにできない。



ついに先週の収集日に絨毯を持って行ってもらいました。



絨毯捨てただけなのにこの達成感は何だろう。


でも清々しい。不要なものを一つ手放せました。



そんなに捨てなくてもと心配されるかもしれませんが


自分にとって必要なものとそうでないものは区別できるし


捨ててしまってから後悔したものって実は今まで一度もありません。



捨てて後悔するものって何でしょうかね。



それでは、ノルマはあと一つ。


「災害用電池式ストーブを押入れに収納する」



これこそ、ズルズル先延ばしにしてしまいそうです・・・。



ではでは。

毎日、地獄のような猛暑ですが、身体に気をつけて過ごしましょう。

私は車のエアコンをケチらない歳になりました(笑)